七宝工房Pray  
トップ コンセプト ギャラリー ショップリスト コンタクト リンク
コンセプト
「七宝(しっぽう)」とはガラスを金や銀、銅などに焼き付ける技法。
日本では平安時代よりつづく伝統を誇る工芸のひとつです。
七宝工房Prayでは、この伝統技法を今に生かしたアクセサリーづくりを、
デザインから制作まで全て独自で行っております。  
当工房のアクセサリーは、主に七宝の中でも特に難易度の高い
「有線七宝(ゆうせんしっぽう)」という日本の七宝の伝統技法を用いて
制作しております。完成までの工程が時間を要し、全て職人の
ハンドメイドのため、作られるものは全て一点ものです。  
日本では今「七宝」を知る人、作る人が限られているのが現状ですが、
ガラスと銀の織り成す美しい輝きをより多くの方に知っていただき、
手にとっていただいた方に、幸せが訪れるようPray(祈り)を込めて、
ひとつひとつ丁寧に作っています。
細井早織
1982 岡山県生まれ
2001 佐賀大学文化教育学部美術・工芸課程入学
     美術・工芸全般の知識を学び、陶芸を専攻
2004 佐賀大学卒業
     同年、村山和子氏(七宝)に師事
2005 七宝工房Pray設立
2006 日本七宝指導者協会準会員
    「七宝技術者免許」取得
2007 七宝作品展「花・花」開催 
 
Copyright(c)2008 Pray ALL Rights Reserved.